Python: キーボードの入力を表示する

キーボードからの入力を受け付けて表示するには、input() を使います。

 

・コード

word = input()
print("入力文字 = " + word)
print("データ型 = " + str(type(word)))

 

・実行例

PS D:\sample> .\sample1.py
test     <--- キーボードで入力した文字列
入力文字 = test
データ型 = <class 'str'>
PS D:\sample>

 

 

数値を受け取る場合

input() で受け取った値は文字列になっているので、数値の入力を受けて計算をする場合には、int()などでデータ型を返還する必要があります。

 

Windows 11 のサポート期間が 24ヶ月、36ヶ月になるそうです

 

 

techcommunity.microsoft.com

 

WIndows 11 の機能更新プログラムは、これから1年に1回のリリースになるらしいです。サポート期間も 6ヶ月長くなって、Home, pro で 24か月、Enterprise が 36ヶ月になるそうです。

 

Pro を採用している企業にとってはメリットが大きいと思います。これまでだと、新しい Windows がリリースされたから半年で検証と社内展開をしなければならなかったわけですが、それだと実質サポート期間内の展開はできなかったのでは ?  と思います。

 

もともとの期間が短すぎたと思うところはありますが、いずれにしろサポート期間が延びることで少しは社内展開に余裕が持てるかと思います。

 

Windows 11 のライフサイクル

 

f:id:koreyakono:20210707103114p:plain

 

 

共有フォルダと Git を使ったコード管理: 初期設定

ファイルサーバ上の共有ディレクトリに Gitの共有ディレクトリを作成し、そこを使ってコードを管理する場合に行った手順をメモしておきます。

なお、まだ運用を開始していないので、あとで、あれ必要だったーってなるかも。

 

こんな感じで運用したいです。

f:id:koreyakono:20210705103252p:plain



 

手順概要

 

手順としては、大まかに言って、共有フォルダ上での初期設定とローカルでの設定の 2つがあります。

 始めに共有フォルダ上で共有リポジトリとしての初期化設定をします。

 次にローカルのリポジトリを作成し、そこから管理対象となるコードを共有リポジトリへ  push します。

  

1. 共有フォルダ上の初期設定


共有フォルダは、他のマシンからの push を受け付けられるようにベアレポジトリとして構成します。

 

1. 共有フォルダを準備します。ここではフォルダ名を "tool.git" とします。

    ベアリポジトリは一般的に "~.git" という名称を付ける慣習になっているそうです。


2. ディレクトリをベアリポジトリとして初期化します。

 

```
git init --bare
```

 

2. ローカルでの設定


ローカルでは、リポジトリディレクトリを準備し、必要なファイルを push します。

 

1. リポジトリディレクトリを作成します。ここでは、"C:\git\myrepo\" とします。

```
mkdir C:\git\myrepo
```

 

2. git のリポジトリとして初期化します。

```
cd C:\git\mytrepo
git init
```

 

3. ファイルサーバの共有リポジトリをクローンします。
以下のコマンドを実行すると、"warning: You appear to have cloned an empty repository." という風に空のリポジトリをクローンしているという警告が表示されますが、とりあえず気にしません。

 

"git clone" を実行すると、カレントディレクトリに "tool" フォルダが生成されます。(共有リポジトリの "tool.git" から ".git" を除いた名称でディレクトリが作成されるということなのだろうか)

 

```
git clone \\fileserver\tool.git
cd .\tool
```

 
4. 管理したいコードを共有リポジトリへ push します。

"tool" に git で管理したいコードをコピーして、共有リポジトリへ push すれば準備完了です。


```
<管理したいファイルを toolディレクトリにコピーします>

git add .
git commit -m "Add tool source files"
git push
```

 

Git のコマンド1

# Git のコマンド1

## 分散型の性質
Git の分散型という性質の主な利点は何ですか?

1. Git により、複数のリモート作成者からの保存された変更が 1 つのプロジェクト リポジトリに自動的にマージされる。
2. 複数のリモート共同作成者は、互いの作業を上書きする心配なく、プロジェクトで共同作業を行うことができる。 共同作成者は、別の共同作成者からの変更を確認してから、自身のものにマージすることができる。
3. Git では、ファイルおよびフォルダー構造を、安全に維持するためにワイドエリア ネットワークを介して各共同作成者のコンピューターに分散させる。 このアーキテクチャにより、非常に安全なデータ ストレージが提供され、プロジェクト リポジトリのデータが壊れないことが保証される。

### 解説
Ans. "2. 複数のリモート共同作成者は、互いの作業を上書きする心配なく、プロジェクトで共同作業を行うことができる。 共同作成者は、別の共同作成者からの変更を確認してから、自身のものにマージすることができる。"
Git の分散型という性質は、すべての共同作成者がプロジェクト コンテンツの有効性を保証し、維持するのに役立ちます。"


---
##
Git ユーザーがリポジトリをコピーするときに、Git で元のリポジトリに対して設定される参照について説明する用語は何ですか?

1. オリジン
2. リポジトリ
3. リモート

### 解説
Ans. "3. リモート"
リポジトリをクローン (コピー) すると、Git によって "リモート" と呼ばれる元のリポジトリへの参照が作成されます。
Git では "origin" という名前を使用して、リモート リポジトリを参照します。

1: 不正解です。 Git では、origin という名前を使用して元のリポジトリを参照しますが、それは参照自体ではありません。


---
## リポジトリのコピーをするコマンド
既存のリポジトリのコピーを作成する Git コマンドは何ですか?

1. git clone <repo-name>
2. git clone <repo-path>
3. git copy <repo-name>

### 解説
Ans. 2. git clone <repo-path>
git clone コマンドでは、既存のリポジトリへの URL またはパスをパラメーターとして受け取ります。


---
## 現在の変更の保存
現在の変更を保存するために使用できるものの、pull request を使用しない Git コマンドは何ですか?

1. git stash
2. git save
3. git store


### 解説
Ans. "1. git stash"
git stash コマンドでは、いくつかの一時的なコミットを行うことによって、作業ツリーとインデックスの状態を保存します。 この種の保存プロセスは、リポジトリの履歴には影響しません。


---
## 特定のファイルのみをコミットする
リポジトリのローカルの作業ブランチに 10 個のファイルが含まれるプロジェクトがあるとします。 あなたは最近、toc.ymlintro.txt、および exercise.js という 3 つのファイルを更新しました。 ここで、JSON ファイルへの変更に対してのみ pull request を作成する必要があります。 これらの変更に対してのみ pull request を作成するために使用する必要がある Git コマンドのセットは何ですか?

1. "git add ." を使う
+ git add .
+ git commit -m "my changes for the exercise"
+ git push origin <working-branch>

2. "git add exercise.json" を使う
+ git add exercise.json
+ git commit -m "my changes for the exercise"
+ git push origin <working-branch>

3. "git add exercise" を使う
+ git add exercise
+ git commit -m "my changes for the exercise"
+ git push remote <working-branch>


### 解説
Ans. "2. git add exercise.json" を使う
現在のすべての変更をプッシュするには、git add の後に . を指定します。 1 つのファイルに対してのみ変更をプッシュするには、特定のファイル名を入力します。

3: git add およびgit push コマンドの構文を確認してください。 git add コマンドの場合は、必ず、拡張子の種類 (exercise.json) で完全なファイル名を指定してください。 git push コマンドの場合は、参照 (remote) ではなく、リモート (origin) の名前を指定します。



Git の概要

# Git の概要

## 次のシナリオのうち、バージョン コントロール システムの一般的なユース ケースはどれですか?
1. 最新のファイルまたはデータだけを操作していることが確実になるように、以前のバージョンのプロジェクトまたはファイルを削除する。
2. 分離されたブランチ内のプロジェクトに試験的な変更を加える。
3. 大規模なプロジェクトの機能要件を収集し、それらを関係者に伝える。


### 解説
Ans. "2. 分離されたブランチ内のプロジェクトに試験的な変更を加える。"

"1": バージョン コントロール システムでは、以前のバージョンのプロジェクトまたはファイルに必要に応じてアクセスできるように、これらを意図的に保持しています。


---
## バージョン コントロール システムのもう 1 つの名前は何ですか?
1. バージョン管理ソフトウェア (VMS)
2. ソフトウェア コントロール管理 (SCM) システム
3. ソフトウェア構成管理 (SCM) システム

### 解説
Ans: 3. ソフトウェア構成管理 (SCM) システム



## Git GitHub の違いは何ですか?
1. Git を使用すると、1 つ以上のローカル ブランチを操作し、それらをリモート リポジトリにプッシュできます。 GitHub はリモート リポジトリとして機能し、Web サイトまたはコマンド ライン ツールを通じてアクセスされます。
2. Git は、クラウドで実行される分散型バージョン コントロール システム (DVCS) です。 GitHub は、Git テクノロジへのアクセスを提供するインターフェイス レイヤーです。
3. Git は、個々の共同作成者によって使用されます。 GitHub は、グループ開発作業を簡素化するために複数の共同作成者によって使用されます。

### 解説
Ans. "1. Git を使用すると、1 つ以上のローカル ブランチを操作し、それらをリモート リポジトリにプッシュできます。 GitHub はリモート リポジトリとして機能し、Web サイトまたはコマンド ライン ツールを通じてアクセスされます。"

"2": ユーザーは Git GitHub の両方にアクセスできます。 GitHub は、Git DVCS を使用したクラウド プラットフォームです。

---
## Git コマンド
Gitの使用方法に関する情報を提供する Git コマンドはどれですか?

1. git init
2. git status
3. git help

### 解説
Ans. "3. git help"

"2": git status コマンドを使用すると、Git によって現在追跡されている変更を確認できます。


---
## Git コマンド
間違いを修正するには、どの Git コマンドを使用できますか?

1. git reset git recover
2. git reset および git revert
3. git revert git remove

### 解説
Ans. "2. git reset および git revert"
git reset および git revert を使用して、Git で間違いを回復および修正できます。